3級FP 2017年5月 (60)

(60)
平成28年中に開始した相続により取得した宅地(面積350㎡)が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、減額される金額は、( )の算式により算出される。
1) 宅地の評価額×200㎡/350㎡×50%
2) 宅地の評価額×330㎡/350㎡×80%
3) 宅地の評価額×350㎡/400㎡×80%

[解答] 2
[解説]
1)は貸付事業用宅地等、3)は特定事業用宅地等の算式である。

解答解説

3級FP 2017年5月 (59)

(59)
貸家の用に供されている家屋の相続税評価額は、( )の算式により算出される。
1) 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借家権割合×賃貸割合)
2) 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借地権割合×賃貸割合)
3) 家屋の固定資産税評価額 ×(1-借家権割合×借地権割合)

[解答] 1
[解説]
家屋の相続税評価額なので、「家屋の固定資産税評価額 ×(1-借家権割合×賃貸割合)」の算式となる。

解答解説

3級FP 2017年5月 (58)

(58)
平成28年中に開始した相続において、相続人が被相続人の配偶者、実子2人、特別養子縁組以外の縁組による養子2人の計5人である場合、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額は、( )である。
1) 4,800万円
2) 5,400万円
3) 6,000万円

[解答] 2
[解説]
基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で求めるが、法定相続人の数には、実子がいれば養子は1人までとなる。
よって、3,000万円+600万円×4人=5,400万円

解答解説

3級FP 2017年5月 (57)

(57)
下記の〈親族関係図〉において、Aさんの相続における妻Bさんの法定相続分は、( )である。
〈親族関係図〉

1) 2分の1
2) 3分の2
3) 4分の3

[解答] 2
[解説]
子はおらず、母がいるので、妻Bさん2/3、母Dさん1/3となる。

解答解説

3級FP 2017年5月 (56)

(56)
民法の規定によれば、親族とは、( ① )親等内の血族、配偶者および( ② )親等内の姻族をいう。
1) ① 6 ② 3
2) ① 4 ② 2
3) ① 3 ② 6

[解答] 1
[解説]
民法の規定によれば、親族とは、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族をいう。

解答解説

3級FP 2017年5月 (55)

(55)
所得税において、土地・建物を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上、譲渡した土地・建物の取得費が不明である場合には、譲渡収入金額の( )相当額を取得費とすることができる。
1) 3%
2) 5%
3) 10%

[解答] 2
[解説]
概算取得費は譲渡収入金額の5%相当額である、

解答解説

3級FP 2017年5月 (54)

(54)
建築基準法の規定によれば、都市計画区域および準都市計画区域内における防火地域内に耐火建築物を建築する場合、( )について緩和措置を受けることができる。
1) 建ぺい率の制限
2) 容積率の制限
3) 建ぺい率と容積率の双方の制限

[解答] 1
[解説]
緩和措置があるのは建ぺい率である。容積率は前面道路による制限がある。

解答解説

3級FP 2017年5月 (53)

(53)
借地借家法の規定によれば、定期借地権等以外の借地権に係る借地契約を更新する場合において、その期間は、借地権設定後の最初の更新では更新の日から( ① )、それ以降の更新では( ② )とされている。ただし、当事者がこれより長い期間を定めたときは、その期間とされている。
1) ① 20年 ② 5年
2) ① 20年 ② 10年
3) ① 30年 ② 20年

[解答] 2
[解説]
定期借地権等以外の借地権に係る借地契約なので、普通借地権契約である。普通借地権では借地権設定後の最初の更新では更新の日から20年、それ以降の更新では10年とされている。

解答解説

3級FP 2017年5月 (52)

(52)
宅地建物取引業法の規定によれば、宅地また建物の取引について宅地建物取引業者が依頼者と締結する媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で( )である。
1) 3カ月
2) 6カ月
3) 1年

[解答] 1
[解説]
専任媒介契約と専属専任媒介契約の有効期間は、最長で3カ月である。

解答解説

3級FP 2017年5月 (51)

(51)
相続税路線価は、地価公示の公示価格の( )を価格水準の目安として設定されている。
1) 70%
2) 80%
3) 90%

[解答] 2
[解説]
相続税路線価は、地価公示の公示価格の80%が目安である。

解答解説