(生保顧客)3級FP 2019年1月 問15

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


《問15》 実家(敷地および建物)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 「相続人であるAさん、弟Bさんおよび妹Cさんは、いずれも自己所有の家屋に居住しているため、実家の敷地について『小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例』の適用を受けることはできません」
  2. 「実家の敷地および建物を売却するときに備えて、X市役所において相続を登記原因とする所有権の移転登記を行ってください。相続登記の手続は、相続人が自分で行うことも可能ですが、司法書士等の専門職業家に依頼するのが一般的です」
  3. 「母Dさんの自宅を相続により取得した相続人が、『被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例』の適用を受けて、その敷地を譲渡した場合、最高1,000万円の特別控除の適用を受けることができます」



[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問14

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


《問14》 母Dさんの相続に係る課税遺産総額(「課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額」)が3,000万円であった場合の相続税の総額は、次のうちどれか。

  1. 300万円
  2. 400万円
  3. 450万円



[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問13

【第5問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。


《問13》 母Dさんの相続に関する以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「Aさんが受け取る死亡保険金は、みなし相続財産として相続税の課税対象となりますが、死亡保険金の非課税金額の規定の適用を受けることで、相続税の課税価格に算入される金額は( ① )万円となります」
ⅱ)「母Dさんの相続における遺産に係る基礎控除額は( ② )万円です。課税価格の合計額が遺産に係る基礎控除額を上回りますので、相続税の申告が必要となります」
ⅲ)「相続税の申告書は、原則として、相続の開始があったことを知った日の翌日から( ③ )カ月以内に提出しなければなりません」

  1. ① 500  ② 4,200  ③ 4
  2. ① 500  ② 4,800  ③ 10
  3. ① 1,500 ② 4,800  ③ 4


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問12

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


《問12》Aさんの平成30年分の所得税における総所得金額は、次のうちどれか。

  1. 770万円
  2. 800万円
  3. 990万円



[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問11

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


《問11》 住宅借入金等特別控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「Aさんの場合、平成30年分の所得税に係る住宅借入金等特別控除の控除額は( ① )万円です。住宅借入金等特別控除の控除期間は、最長で( ② )年間となります」
ⅱ)「住宅借入金等特別控除の適用を受ける最初の年分は所得税の確定申告を行う必要があります。確定申告書は、Aさんの( ③ )を所轄する税務署長に提出してください」

  1. ① 25 ② 10 ③ 住所地
  2. ① 25 ② 20 ③ 勤務地
  3. ① 30 ② 20 ③ 住所地


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問10

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


《問10》 Aさんの平成30年分の所得税の課税に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 「Aさんの合計所得金額は1,000万円以下となりますので、Aさんは配偶者控除の適用を受けることができます」
  2. 「終身保険の解約返戻金は、一時所得の収入金額として総合課税の対象となりますので、給与所得の金額と合計して、所得税の確定申告を行う必要があります」
  3. 「長男Cさんは一般の控除対象扶養親族に該当するため、長男Cさんに係る扶養控除の控除額は38万円となります」


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問9

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問9》 Mさんは、生命保険の活用方法について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「長期平準定期保険の解約返戻金は、役員退職金の原資として活用することができます。また、借入金の返済や運転資金等の事業資金として活用することもできます」
  2. 「長男Bさんが重い病気等で一定期間働けなくなった場合の業績悪化の可能性を考え、長男Bさんが重い病気等になった場合にX社が一時金を受け取ることができる生前給付タイプの生命保険に加入されることも検討事項の1つとなります」
  3. 「緊急の資金需要が生じた場合、契約者貸付制度を活用することができます。解約返戻金額の80%の範囲内で借り入れることができ、利息はかかりません」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問8

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問8》 Mさんは、《設例》の生命保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「当該生命保険は、保険期間開始のときから当該保険期間の6割に相当する期間においては、支払保険料の2分の1を資産計上し、残りの支払保険料は期間の経過に応じて損金の額に算入します」
  2. 「当該生命保険の単純返戻率は、保険期間の途中でピーク時期を迎え、その後は低下し、保険期間満了時には0(ゼロ)になります」
  3. 「X社が当該生命保険契約を長男Bさんが65歳のときに解約した場合、解約時点における資産計上額を取り崩し、解約返戻金額との差額を雑損失として、その事業年度の損金の額に算入します」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問7

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問7》 X社は、勇退するAさんに対して、役員退職金を支給する予定である。X社がAさんに役員退職金5,000万円を支給した場合、Aさんが受け取る役員退職金に係る退職所得の金額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、Aさんの役員在任期間(勤続期間)を35年とし、これ以外に退職手当等の収入はなく、障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。

  1. 1,275万円
  2. 1,575万円
  3. 1,800万円


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

(生保顧客)3級FP 2019年1月 問6

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


《問6》 最後に、Mさんは、個人年金保険についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「個人年金保険は、定額個人年金保険と変額個人年金保険の2種類に大別することができます。変額個人年金保険は、払込保険料が特別勘定(ファンド)で運用され、その運用実績により、受け取る年金額が増減する仕組みとなっています」
  2. 「個人年金保険の受取方法には、確定年金や保証期間付終身年金などの種類がありますが、保証期間付終身年金は、被保険者が死亡した時期によっては、年金の受取総額が既払込保険料を下回る場合があります」
  3. 「個人年金保険の保険料は、個人年金保険料税制適格特約を付加することで、個人年金保険料控除の対象となりますが、受取方法を保証期間付終身年金とする個人年金保険の保険料は、個人年金保険料控除の対象にはなりません」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。