3級FP 2017年9月 (16)

(16)
個人の株主(発行済株式総数の3%以上を有する大口株主を除く)が受ける上場株式等に係る配当等は、その金額の多寡にかかわらず、所得税の確定申告不要制度を選択することができる。

[解答] ○
[解説]
問題文のとおりである。上場株式等の配当金は、総合課税、申告不要、申告分離がある。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...