3級FP 2017年9月 (22)

(22)
宅地建物取引業者は、自らが売主となる宅地または建物の売買契約の締結に際して、取引の相手方が宅地建物取引業者でない場合、代金の額の10分の1を超える額の手付を受領することができない。

[解答] ×
[解説]
10分の1ではなく20分の1、つまり20%である。手付金は、代金の額の20%を超えることはできない。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...