3級FP 2017年9月 (30)

(30)
相続財産の評価において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地としての評価額×借地権割合」の算式により評価する。

[解答] ×
[解説]
貸家建付地は、自分の土地に建物を建て貸し出した場合の土地を指す。土地と建物を貸していることになるため、借地権割合と借家権割合を算式に含めなければならない。よって、「自用地としての評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」で求める。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...