3級FP 2017年9月 (31)

(31)
現在40歳のAさんが、60歳の定年時に、老後資金として2,000万円を準備するために、現在から20年間、毎年一定額を積み立てる場合、必要となる毎年の積立金額は( )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)1%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。
〈資料〉利率(年率)1%・期間20年の各種係数
現価係数 資本回収係数 減債基金係数
0.8195 0.0554 0.0454
1) 819,500円
2) 908,000円
3) 1,000,000円

[解答] 2
[解説]
毎年の積立額なので、2,000 万円÷20万円=100万円より少なくてすむはずである。よって、2,000万円にかける値は0.05より小さくなる。このことから減債基金係数を使う。もちろん、オーソドックスに、「どのような場合にどの係数を使うか」を覚えておいて解いても良い。そちらの方が対応範囲は広い。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...