3級FP 2017年9月 (47)

(47)
土地・建物等の譲渡に係る所得については、( ① )における所有期間が( ② )を超えるものは長期譲渡所得に区分され、( ② )以下であるものは短期譲渡所得に区分される。
1) ① 譲渡契約の締結日 ② 3年
2) ① 譲渡した日の属する年の1月1日 ② 5年
3) ① 譲渡した日の属する年の1月1日 ② 10年

[解答] 2
[解説]
土地・建物等の譲渡に係る所得については、譲渡した日の属する年の1月1日における所有期間が5年を超えるものは長期譲渡所得に区分され、5年以下であるものは短期譲渡所得に区分される。なお、株式等の譲渡所得は所有期間による違いはない。またその他の譲渡所得では短期と長期の区別があるが、譲渡日は譲渡した日がそのまま適用される。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...