3級FP 2017年9月 (51)

(51)
借地借家法の規定によれば、定期建物賃貸借契約において、賃貸借期間が1年以上である場合には、賃貸人は、期間の満了の1年前から( )前までの間(通知期間)に、賃借人に対して期間の満了により賃貸借が終了する旨の通知をしなければ、その終了を賃借人に対抗することができない。
1) 1カ月
2) 3カ月
3) 6カ月

[解答] 3
[解説]
通知は、期間満了の6か月前までの間位に行わなければならない。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...