3級FP 2017年9月 (55)

(55)
土地の有効活用方式のうち、一般に、土地所有者が土地の全部または一部を拠出し、デベロッパーが建設費等を拠出して、それぞれの出資比率に応じて土地・建物に係る権利を取得する方式を、( )という。
1) 事業受託方式
2) 等価交換方式
3) 定期借地権方式

[解答] 2
[解説]
土地所有者が土地の全部または一部を拠出し、デベロッパーが建設費等を拠出して、それぞれの出資比率に応じて土地・建物に係る権利を取得する方式は等価交換方式である。事業受託方式は、すべて業者に任せる方式、定期借地権方式は土地を貸すだけであとは相手に任せる方式である。ある程度、名称から具体的な内容は判断できるため、勘違いしそうな点だけおさえておこう。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...