3級FP 2018年1月 (2)

(2)
雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、原則として、算定基礎期間を満たす60歳以上65歳未満の被保険者が、60歳到達時点に比べて賃金が85%未満に低下した状態で就労している場合に、被保険者に対して支給される。

[解答] ×
[解説]
85%ではなく75%である。60歳到達時点に比べて賃金が75%未満に低下した場合、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金の支給対象となる。なお、基本手当を受給後、再就職した人に支給される高年齢再就職給付金にもこの要件がある。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...