3級FP 2018年1月 (24)

(24)
「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」の適用を受けるためには、譲渡価額が5,000万円以下でなければならない。

[解答] ×
[解説]
5,000万円でなく、1億円以下である。「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」は、相続後に空き家になっていた不動産を譲渡した場合に3,000万円を控除できる特例である。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...