3級FP 2018年5月 (8)

(8)
医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から1年経過後に前回と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当たりの給付日数制限の適用を受ける。

[解答] ×
[解説]
1年経過後の場合、別入院となる。退院日の翌日から180日以内に前回と同一の疾病により再入院した場合は、1入院とみなされ、1入院当たりの給付日数制限の適用を受ける。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...