3級FP 2018年5月 (45)

(45)
異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が( )である場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。
1) 1
2) 0
3) -1

[解答] 3
[解説]
分散投資の効果(リスクの低減)は最大となるのは、相関係数が-1となる場合である。

解答解説

error: Content is protected !!