3級FP 2018年5月 (51)

(51)
民法の規定によれば、不動産の売買契約において、売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主が売主の瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から( )以内に当該権利を行使しなければならない。
1) 1年
2) 3年
3) 5年

[解答] 1
[解説]
瑕疵を知った時から1年以内である。瑕疵担保責任の問題に対応する場合、民法、宅建業法、住宅品質確保法のいずれについての問題か確認すること。民法では瑕疵を知ったときから1年以内、宅建業法では引渡しから2年以上(の期間を設けること)、住宅品質確保法では引き渡しから10年としている。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...