3級FP 2018年5月 (58)

(58)
相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額は、「( ① )×法定相続人の数」の算式により算出するが、相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合、当該法定相続人の数は、相続を放棄した者を( ② )人数とされる。
1) ① 500万円 ② 含む
2) ① 500万円 ② 含まない
3) ① 600万円 ② 含む

[解答] 1
[解説]
死亡保険金の非課税限度額は、「500万円×法定相続人の数」の算式により算出する。相続人のうち相続の放棄をした者がいる場合、放棄しなかったものとみなされ法定相続人の数に含まれる。

解答解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...