3級FP 2018年9月 (4)

(4)
国民年金の付加年金の額は、400円に付加保険料に係る保険料納付済期間の月数を乗じて得た額である。

<解答・解説>

[解答] ×
[解説]

400円ではなく200円である。国民年金の付加年金は、第1号被保険者のための年金上乗せ制度である。月額400円の保険料で、付加年金の額は月額200円である。たとえば付加保険料を2年間おさめていれば、「400円×24ヶ月=9,600円」必要だが、付加年金の額は、「200円×48ヶ月=9,600円」で4年間(納付期間の倍の受取期間)受け取れば元がとれる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

error: Content is protected !!