3級FP 2018年9月 (7)

(7)
定額個人年金保険(保証期間付終身年金)では、保証期間中については被保険者の生死にかかわらず年金を受け取ることができ、保証期間経過後については被保険者が生存している限り年金を受け取ることができる。

<解答・解説>

[解答] 〇
[解説]

設問のとおりである。終身年金は生きている限り受け取れる年金で死亡したら受け取れなくなる。この終身年金に保証期間が付いていれば、保証期間中は生死にかわらず年金を受け取ることができる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...