3級FP 2018年9月 (8)

(8)
契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を役員および従業員全員、死亡保険金受取人を従業員の遺族、満期保険金受取人を法人とする養老保険に加入することにより、法人は、その支払った保険料の全額を福利厚生費として損金の額に算入することができる。

<解答・解説>

[解答] ×
[解説]

保険料の全額ではなく半額である。設問はハーフタックスプランと呼ばれる契約方法で、従業員の遺族への保障になる可能性もあるため、保険料の半額を損金算入することができる。残りの半額は資産となる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...