3級FP 2018年9月 (23)

(23)
借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)において、貸主に正当の事由があると認められる場合でなければ、貸主は、借主からの契約の更新の請求を拒むことができないとされている。

<解答・解説>

[解答] ×
[解説]

定期借家契約は、期間を定めて契約するため、貸主の正当な事由なく契約は更新されず終了することができる。ただ、契約期間が1年以上の場合、貸主は期間終了の1年から6ヶ月前までのの間に借主に契約が終了する旨の通知をしなければならない。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...