3級FP 2018年9月 (25)

(25)
譲渡した日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超える土地を譲渡した場合、当該譲渡による譲渡所得については、長期譲渡所得に区分される。

<解答・解説>

[解答] 〇
[解説]

問題文のとおりである。譲渡所得のうち不動産の譲渡については長期か短期かで税率が異なり、その判定は譲渡した日の属する年の1月1日において所有期間が5年を超えるかどうかである。なお、株式の譲渡所得には短期・長期の違いはなく、その他の譲渡所得では短期・長期の区別はあるが、期間の算定は取得日から実際の譲渡日までとなる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...