3級FP 2018年9月 (26)

(26)
相続において、実子と養子または嫡出子と嫡出でない子の区別によって、相続人の順位に違いはない。

<解答・解説>

[解答] 〇
[解説]

問題文のとおりである。実子と養子で違いが出るのは法定相続人の数に算入するときである。実子がいれば養子は1人まで、実子がいなければ養子は2人までとなる。相続税を逃れるため養子を極端に増やすことを防ぐためである。また嫡出子と非嫡出子の相続分は同じである。なお、父母の一方のみが同じである半血兄弟姉妹の法定相続分は全血兄弟姉妹の2分の1である。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...