3級FP 2018年9月 (28)

(28)
相続税は、相続税の申告書の提出期限までに金銭により一時に納付することが原則であるが、所定の要件を満たせば、延納による納付方法も認められる。

<解答・解説>

[解答] 〇
[解説]

問題文のとおりである。相続税は一括納付が原則だが、延納も認められており、さらに延納も厳しいなどの要件を満たせば物納することもできる。なお贈与税の納付では物納は認められていない。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...