3級FP 2018年9月 (31)

(31)
Aさん(50歳)は、現在から10年間、毎年一定額を積み立てて、老後資金として1,000万円を準備したいと考えている。この場合、必要となる毎年の積立金額は( )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)2%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。

〈資料〉利率(年率)2%・期間10年の各種係数

現価係数 減債基金係数 資本回収係数
0.8203 0.0913 0.1113

1) 748,934円
2) 820,300円
3) 913,000円

<解答・解説>

[解答] 3
[解説]

10年間毎年一定額を貯めて1,000万円にするので、100万円より少ない金額(1,000万円にかけるのは0.1未満)になるはずである。よって、減債基金係数を使用する。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...