3級FP 2018年9月 (36)

(36)
保険業法で定められた保険会社の健全性を示す( ① )は、保険金等の支払余力をどの程度有するかを示す指標であり、この値が( ② )を下回った場合、監督当局による早期是正措置の対象となる。
1) ① 自己資本比率 ② 100%
2) ① ソルベンシー・マージン比率 ② 200%
3) ① ソルベンシー・マージン比率 ② 300%

<解答・解説>

[解答] 2
[解説]

保険会社の健全性を示すのはソルベンシー・マージン比率で、200%を下回った場合、監督当局による早期是正措置の対象となる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

error: Content is protected !!