3級FP 2018年9月 (48)

(48)
Aさんの平成30年分の各種所得の金額が下記の〈資料〉のとおりであった場合、損益通算後の総所得金額は( )となる。なお、各種所得の金額に付されている「▲」は、その所得に損失が生じていることを表すものとする。
〈資料〉Aさんの平成30年分の各種所得の金額
不動産所得の金額 800万円
雑所得の金額 ▲50万円
事業所得の金額(株式等に係るものを除く) ▲100万円
1) 700万円
2) 750万円
3) 800万円

<解答・解説>

[解答] 1
[解説]

損益通算できる所得の損失は、不動産所得、事業所得、山林所得、譲渡所得である。雑所得の損失はなかったものとなる。よって、損益通算できるのは事業所得の▲100万円であり、不動産所得の800万円から差し引く。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...