3級FP 2018年9月 (58)

(58)
遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億2,000万円で、相続人が被相続人の妻、長女、二女の合計3人である場合、妻の遺留分の金額は( )となる。
1) 2,000万円
2) 3,000万円
3) 6,000万円

<解答・解説>

[解答] 2
[解説]

遺留分は、直系尊属のみなら法定相続分の3分の1、それ以外は法定相続分の2分の1である。法定相続分はそれぞれ、妻(1/2)、長女(1/4)、二女(1/4)である。遺留分はの金額はそれぞれ、
・妻 1億2,000万円×1/4=3,000万円
・長女、二女 1億2,000万円×1/8=1,500万円
となる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...