3級FP過去問解説(学科)2019年1月【3】加給年金

(3)

老齢厚生年金に加給年金額が加算されるためには、老齢厚生年金の受給権者本人が有する厚生年金保険の被保険者期間が原則として25年以上なければならない。



[正解]  (不適切)

[解説]

老齢厚生年金に加給年金額が加算されるためには、老齢厚生年金の受給権者本人が有する厚生年金保険の被保険者期間が原則として25年以上なければならない。


加給年金は、厚生年金の被保険者期間20年以上ある人と生計維持関係にある、
65歳未満の配偶者 または
18歳到達年度の末日までの子(もしくは20歳未満で障害等級1級または2級の未婚の子
がいなければならない。

[重要用語]


▷ 加給年金は、子のある配偶者か子に支給され、扶養手当のような役割がある年金である。※要件ばかりに気を取られると、そもそも加給年金とはどのような年金か忘れがちなので再度確認しよう。

※ここではFPの基礎力として、重要な用語を理解しているかどうかを確認できます。自分の言葉でそれぞれの用語がどのような意味か考えてみましょう。用語をクリックすると用語の意味が表示されます。


[関連問題]


▷ 20年(180933学科)


▷ 20年(170933学科)

※ここでは知識の定着と傾向の把握を目的に、これまでに出題された類似問題で確認できます。答えは問題文をクリックすれば表示されます。暗記しているかどうかの確認ですので、選択肢は省略しています。また、全く同じ問題でも、同様の目的から掲載しています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...