3級FP過去問解説(学科)2019年1月【9】自賠責保険

(9)

自動車損害賠償責任保険において、被害者1人当たりの保険金の支払限度額は、死亡の場合は3,000万円、後遺障害の場合は5,000万円である。



[正解]  (不適切)

[解説]

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、一部の例外を除き原動機付自転車を含むすべての車に加入が義務付けられていることから強制保険と呼ばれる。自動車損害賠償責任保険では、保険金の限度額は死亡事故が最高3,000万円、傷害事故は最高120万円、後遺障害は75万円~4,000万円で障害の程度によって異なる。自賠責保険は、他人に身体の損害を負わせた場合に補償される保険で、他人とは運転供用者および運転者以外の者を指すため、これに該当しなければ配偶者や子などの親族でも補償の対象となる。自賠責保険では不足している保障は任意加入で自動車保険に加入することになる。任意加入の自動車保険では親族は補償の対象外となる。


[要点のまとめ]

<自賠責保険>
1.保険金の限度額
(1) 死亡 3,000万円
(2) 傷害 120万円
(3) 後遺障害 75万円~4,000万円
2.保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。
<任意自動車保険>
1.対人倍書保険
・親族は他人に該当せず、保障の対象外となる。
2.対物賠償保険
・自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。
3.人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・保障内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
・人身傷害保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
・搭乗者傷害保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。
4.自損事故保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。
5.車両保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険

[確認ノート]

<自賠責保険>
1.保険金の限度額
(1) 死亡 (   )万円
(2) 傷害 (   )万円
(3) 後遺障害 (   )万円~(   )万円
2.保険の対象
対人賠償のみだが、任意保険で対象外となる親族も被害者保護の観点から補償の対象となる。
<任意自動車保険>
1.対人倍書保険
・親族は他人に該当せず、保障の対象外となる。
2.対物賠償保険
・自宅の壁や塀を壊した場合は対象外である。
3.人身傷害保険・搭乗者傷害保険
・保障内容は似ている部分があり、運転者や同乗者のケガが対象となる。
(   )保険は、過失の有無にかかわらず実際の損害額が支払われる。
(   )保険は、症状や部位ごとに決められた金額が支払われる。
4.(   )保険
・対物賠償保険は相手がいれば対象になるが、相手のいないガードレールにぶつかるなどしてケガをした場合に対応。
・運転者や同乗者の死傷を補償する。
5.(   )保険
・単独事故などで相手がいない場合の自動車修理のための保険


[関連問題]


▷ ①3,000万円 ②120万円(180940学科)

※ここでは知識の定着と傾向の把握を目的に、これまでに出題された類似問題で確認できます。答えは問題文をクリックすれば表示されます。暗記しているかどうかの確認ですので、選択肢は省略しています。また、全く同じ問題でも、同様の目的から掲載しています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...