3級FP過去問解説(学科)2019年1月【13】利息計算

(13)

元金1,000,000円を年利1%の1年複利で2年間運用した場合の元利合計金額は、税金や手数料等を考慮しない場合、1,020,100円である。



[正解]  (適切)

[解説]

1年複利で2年間運用するので、2乗する。
1,000,000円×(1+0.02)²=1,020,100円


[要点のまとめ]

1.利息額の求め方
(1) n年後の元金+利息額を求めるには、次の算式を使う。
n年後の元利合計額=元金✕(1+年利率)\(^{n}\)
(2) n年後の利息額を求めるには、次の算式を使う。
n年後の元利合計額=元金✕年利率\(^{n}\)
2.電卓で累乗計算をする(3乗の場合)
(1) カシオ系:「✕2回」、「=2回」
(2) シャープ系:「✕1回」、「=2回」


error: Content is protected !!