3級FP過去問解説(学科)2019年1月【22】媒介契約

(22)

宅地建物取引業法の規定によれば、宅地建物取引業者が依頼者と締結する宅地または建物の売買の媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で6カ月である。



[正解]  (不適切)

[解説]

宅地建物取引業法の規定によれば、宅地建物取引業者が依頼者と締結する宅地または建物の売買の媒介契約のうち、専任媒介契約の有効期間は、最長で6カ月である。


専任媒介契約の有効期間は最長3か月である。なお、専属専任媒介契約も最長3か月である。


[要点のまとめ]

<媒介契約>

宅建業者 依頼主 有効期間
依頼主への
報告義務
指定流通機構
への登録義務
自己発見取引 複数依頼
一般媒介契約
専任媒介契約 2週間に
1回以上
7日以内 3ヶ月以内
専属専任媒介契約 1週間に
1回以上
5日以内

[確認ノート]

<媒介契約>

宅建業者 依頼主 有効期間
依頼主への
報告義務
指定流通機構
への登録義務
自己発見取引 複数依頼
一般媒介契約
専任媒介契約 (   ) (   )以内 (   )以内
専属専任媒介契約 (   ) (   )以内


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...