3級FP過去問解説(学科)2019年1月【28】遺産分割

(28)

遺産分割において、共同相続人の1人または数人が、遺産の一部または全部を相続により取得し、他の共同相続人に対して生じた債務を金銭などの財産で負担する方法を代償分割という。



[正解]  (適切)

[解説]

遺産分割において、共同相続人の1人または数人が、遺産の一部または全部を相続により取得し、他の共同相続人に対して生じた債務を金銭などの財産で負担する方法代償分割という。


たとえば遺産財産が不動産しかない場合において、不動産を1人が取得し、他の共同相続人には金銭などの財産を渡すことで、相続分どおりの遺産分割を行う方法が代襲分割である。遺産分割には、他に現物のまま分割する現物分割や遺産をお金に換えて分割する換価分割がある。


[要点のまとめ]

<遺産分割の種類>

指定分割 遺言によって遺産を分割する方法
協議分割 相続人全員の協議で分割する方法
調停分割 協議が調わないときに家庭裁判所の調停によって分割する方法
審判分割 調停によっても調わないときに家庭裁判所の審判で分割する方法

[確認ノート]

<遺産分割の種類>

(   )分割 遺言によって遺産を分割する方法
(   )分割 相続人全員の協議で分割する方法
(   )分割 協議が調わないときに家庭裁判所の調停によって分割する方法
(   )分割 調停によっても調わないときに家庭裁判所の審判で分割する方法


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...