3級FP過去問解説(学科)2019年1月【29】取引相場のない株式の相続税評価

(29)

取引相場のない株式の相続税評価において、同族株主以外の株主等が取得した株式については、特例的評価方式である配当還元方式により評価することができる。



[正解]  (適切)

[解説]

取引相場のない株式の相続税評価において、同族株主以外の株主等が取得した株式については、特例的評価方式である配当還元方式により評価することができる。


取引相場のない株式の評価方法では原則的評価方法として類似業種比準方式、純資産価額方式、併用方式があり、特例的評価方法として配当還元方式がある。どの評価方法で算定するかは、、会社の規模や取得者によって決まる。同族株主以外の株主が取得した場合は特例的評価方法である配当還元方式で算定する。


[要点のまとめ]

<取引相場のない株式の評価方法>

原則的評価方法 類似業種比準方式 上場している類似業種の企業株価を基準に、配当、利益、簿価純資産の3つの要素を考慮して評価額を算定する。
純資産価額方式 会社の純資産価額を相続税評価額(時価)で評価し、発行済株式数で除し、1株あたり評価額を算定する。
併用方式 類似業種比準方式と純資産価額方式の併用
特例的評価方法 配当還元方式 会社の直前2期間の配当金額をもとに評価額を算出する。

<評価方法の選定>
※一定の同族株主

会社の規模 原則的評価方法
大会社 類似業種比準方式
又は
純資産価額方式
中会社 類似業種比準方式
と純資産価額方式
併用方式
小会社 純資産価額方式
又は
併用方式

同族株主以外の株主は、特例的な評価方法である配当還元方式で評価できる。

[確認ノート]

<取引相場のない株式の評価方法>

原則的評価方法 (   )方式 上場している類似業種の企業株価を基準に、配当、利益、簿価純資産の3つの要素を考慮して評価額を算定する。
(   )方式 会社の純資産価額を相続税評価額(時価)で評価し、発行済株式数で除し、1株あたり評価額を算定する。
(   )方式 類似業種比準方式と純資産価額方式の併用
特例的評価方法 配当還元方式 会社の直前2期間の配当金額をもとに評価額を算出する。

<評価方法の選定>
※一定の同族株主

会社の規模 原則的評価方法
大会社 (   )方式
又は
(   )方式
中会社 (   )方式
(   )方式
の併用方式
小会社 (   )方式
又は
(   )方式

同族株主以外の株主は、特例的な評価方法である配当還元方式で評価できる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...