3級FP過去問解説(学科)2019年1月【30】宅地の相続税評価額

(30)

相続税の計算において、被相続人が所有している宅地に被相続人名義の賃貸マンションを建築して賃貸の用に供していた場合、当該宅地は貸宅地として評価される。



[正解]  (不適切)

[解説]

相続税の計算において、被相続人が所有している宅地被相続人名義の賃貸マンションを建築して賃貸の用に供していた場合、当該宅地は貸宅地として評価される。


貸宅地は、被相続人が土地だけを貸し、相手がそこに建物を建てた場合の土地のことである。被相続人が自分の土地に建物を建てて相手に貸す場合の土地は貸家建付地である。貸宅地は借地権と対の関係なのでおさえておこう。
※AさんがBさんに土地を貸し、Bさんが建物を建てた場合の
Aさんの土地の評価:貸宅地
Bさんの権利:借地権


[要点のまとめ]

<宅地の評価>

自用地 土地の所有者が自分で使用している宅地 路線価方式(又は倍率方式)で計算した評価額
借地権 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのBさん(借主)の権利 自用地評価額✕借地権割合
貸宅地 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(1-借地権割合)
貸家建付地 Aさんが自分の土地に建物を建ててBさんに貸した場合のAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(1-借地権割合✕借家権割合✕賃貸割合)

[確認ノート]

<宅地の評価>

自用地 土地の所有者が自分で使用している宅地 路線価方式(又は倍率方式)で計算した評価額
借地権 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのBさん(借主)の権利 自用地評価額✕(   )
貸宅地 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(   )
貸家建付地 Aさんが自分の土地に建物を建ててBさんに貸した場合のAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(   )


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...