3級FP過去問解説(学科)2019年1月【33】学生納付特例制度

(33)

国民年金の被保険者が学生納付特例制度の適用を受けた期間は、保険料を追納しない場合、老齢基礎年金の受給資格期間( ① )、老齢基礎年金の年金額( ② )。

  1. ① に算入され ② にも反映される
  2. ① には算入されるが ② には反映されない
  3. ① には算入されず ② にも反映されない


[正解]  (適切)

[解説]

学生納付特例制度では、保険料の納付をしなくても、受給資格期間に反映されるが、当然、年金額には反映されない。このことは、若年者納付猶予制度にも当てはまる。なお、申請免除の場合、全額免除以外の免除は追納しなければ機関にも反映されない。

[要点のまとめ]

<学生納付特例制度>
1,制度の概要
日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられている。しかし、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられている。 本人の所得が一定以下(※)の学生が対象となる。なお、家族の所得金額は問われない。
(※)所得基準(申請者本人のみ)
 118万円+扶養親族等の数×✕38万円+社会保険料控除等
2.ポイント
学生納付特例制度は、追納しなくても受給資格期間に算入される。ただし、追納しなければ年金額へ反映されない。なお、一部免除の場合、追納しなければ受給資格期間への算入もない。また学生納付特例制度のように申請手続きをすることで、10年以内の後納が認められる。申請しなければ未納扱いとなり、2年以内に納めなければならなくなる。少しややこしいが、よく確認しておこう。
<年金への影響>

老齢基礎年金 障害基礎年金
遺族基礎年金
受給資格期間
への算入
年金額への反映 受給資格期間
への算入
納付
全額免除
一部免除
学生納付特例
若年者納付猶予
未納

[確認ノート]

<学生納付特例制度>
1,制度の概要
日本国内に住むすべての人は、(   )歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられている。しかし、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられている。本人の所得が一定以下(※)の学生が対象となる。なお、家族の所得金額は問われない。
(※)所得基準(申請者本人のみ)
 118万円+扶養親族等の数×✕38万円+社会保険料控除等
2.ポイント
学生納付特例制度は、追納しなくても(   )に算入される。ただし、追納しなければ(   )へ反映されない。なお、一部免除の場合、追納しなければ受給資格期間への算入もない。また学生納付特例制度のように申請手続きをすることで、(   )年以内の後納が認められる。申請しなければ未納扱いとなり、2(   )年以内に納めなければならなくなる。少しややこしいが、よく確認しておこう。
<年金への影響>

老齢基礎年金 障害基礎年金
遺族基礎年金
受給資格期間
への算入
年金額への反映 受給資格期間
への算入
納付
全額免除
一部免除
学生納付特例
若年者納付猶予
未納

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...