3級FP過去問解説(学科)2019年1月【34】付加年金

(34)

国民年金の第1号被保険者が、国民年金の定額保険料に加えて月額( ① )の付加保険料を納付し、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、( ② )に付加保険料納付済期間の月数を乗じて得た額が付加年金として支給される。

  1. ① 200円 ② 400円
  2. ① 400円 ② 200円
  3. ① 400円 ② 300円


[正解]  (適切)

[解説]

国民年金の第1号被保険者が、国民年金の定額保険料に加えて月額(①400円)の付加保険料を納付し、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、(②200円)に付加保険料納付済期間の月数を乗じて得た額が付加年金として支給される。


付加年金は、毎月400円の付加保険料を納付すれば、受取時には「200円×月数」の付加年金を受け取れる。たとえば、付加保険料を2年間支払えば、付加保険料の合計は400円×24ヶ月=9,600円となる。一方、受取時には、200円×24ヶ月=4,800円を受け取れるため、2年で元が取れることになる。ある程度学習が進んでいれば、200円と400円という金額だけは覚えているが、どちらが保険料でどちらが受取額か迷うかもしれない。多く払って少なく受け取るのが基本なので、400円払って200円受け取るとイメージしておけばいいだろう。


[要点のまとめ]

<付加年金>
1.付加年金とは
国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、定額保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やすことができる。付加年金を納めることができるのは、国民年金第1号被保険者と
任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)である。なお、国民年金基金に加入している場合は、付加保険料を納めることはできない。
2.付加年金の保険料
毎月400円
3.付加年金額
納めた月数✕200円


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...