3級FP過去問解説(学科)2019年1月【35】住宅ローン

(35)

下図は、住宅ローンの( ① )返済方式をイメージ図で表したものであり、図中のPの部分は( ② )部分を、Qの部分は( ③ )部分を示している。

  1. ① 元金均等 ② 利息 ③ 元金
  2. ① 元利均等 ② 元金 ③ 利息
  3. ① 元利均等 ② 利息 ③ 元金


[正解]  (適切)

[解説]

下図は、住宅ローンの( ① 元利均等)返済方式をイメージ図で表したものであり、図中のPの部分は( ② 利息)部分を、Qの部分は( ③ 元金)部分を示している。


図の返済額は一定であるため、元利均等返済だとわかる。また、元利均等返済の場合、元金の返済は少しずつ増えるため、Qが元金部分である。


[要点のまとめ]

<住宅ローンの返済方法>
1.元利均等返済
当初の利息割合が大きく、返済が進むにつれ元金部分の割合が大きくなる。
2.元金均等返済
毎回の元金部分の返済額が一定で、返済が進むにつれ利息部分が減少する。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...