3級FP過去問解説(学科)2019年1月【36】クーリングオフ

(36)

生命保険契約を申し込んだ者がその撤回を希望する場合、保険業法上、原則として、契約の申込日または契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日のいずれか遅い日を含めて( ① )以内であれば、( ② )により申込みの撤回ができる。

  1. ① 8日 ② 書面
  2. ① 14日 ② 書面
  3. ① 14日 ② 書面または口頭


[正解]  (適切)

[解説]

保険業法では、契約の申込日または契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日のいずれか遅い日を含めて(① 8日)以内であれば、(② 書面)により申込みの撤回ができる。


クーリングオフ制度の問題である。
① 契約の申込日
② 契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日
①、②のいずれか遅い日を含めて、原則として8日以内に申し込みの撤回または解除の請求を書面で行う。
書面を郵送した場合は当日の消印有効となる。


[要点のまとめ]

<クーリング・オフ制度>
1.クーリングオフの手続き
① 契約の申込日
② 契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日
①、②のいずれか遅い日を含めて、原則として8日以内に申し込みの撤回または解除の請求を書面で行う。
書面を郵送した場合は当日の消印有効となる。
2.クーリングオフの対象外
(1) 契約にあたって医師による診査を受けた場合
(2) 保険期間が1年以内の契約の場合
(3) 契約するために出向いて契約した場合
(4) 自賠責保険などの法令により加入義務のある保険契約の場合
(5) 事業のために締結した契約の場合

[確認ノート]

<クーリング・オフ制度>
1.クーリングオフの手続き
① 契約の申込日
② 契約の申込みの撤回等に関する事項を記載した書面の交付日
①、②のいずれか遅い日を含めて、原則として(   )以内に申し込みの撤回または解除の請求を(   )で行う。
書面を郵送した場合は当日の消印有効となる。
2.クーリングオフの対象外
(1) 契約にあたって(   )を受けた場合
(2) 保険期間が(   )以内の契約の場合
(3) 契約するために出向いて契約した場合
(4) 自賠責保険などの法令により加入義務のある保険契約の場合
(5) 事業のために締結した契約の場合


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...