3級FP過去問解説(学科)2019年1月【37】保険の仕組み

(37)

一般に、現在契約している生命保険の以後の保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、元の契約の保険期間を変えずに、保障額の少ない保険(元の主契約と同じ種類の保険または養老保険)に変更するものを( )という。

  1. 延長保険
  2. 継続保険
  3. 払済保険


[正解]  (適切)

[解説]

一般に、現在契約している生命保険の以後の保険料の払込みを中止して、その時点での解約返戻金相当額をもとに、元の契約の保険期間を変えずに、保障額の少ない保険(元の主契約と同じ種類の保険または養老保険)に変更するものを払済保険という。
元の契約の保険期間が変わらないのが払済保険で、保障額が変わらないのが延長保険である。


[要点のまとめ]

<保険の見直し>
1.保険金額の増減
保険金額を増やしたり、減らしたりする。保険金額を減らせば、その分、保険料が安くなるため、契約から時間の経過により不要な保障が発生している場合は減額により無駄を省くことができる。
2.払済保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険期間を変えず、元の契約と同じ種類の保険や養老保険に変更する。保険金額が減り、特約は消滅する。
3.延長保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険金額を変えず、一時払いの定期保険に変更する。保険期間は短くなり、特約は消滅する。
4.契約転換制度
現在契約している保険を下取りし責任準備金や配当金をもとに新しい保険に買い替える制度である。
5.契約者貸付制度
解約返戻金の一定の範囲内で、貸付を受ける制度である。

[確認ノート]

<保険の見直し>
1.保険金額の増減
保険金額を増やしたり、減らしたりする。保険金額を減らせば、その分、保険料が安くなるため、契約から時間の経過により不要な保障が発生している場合は減額により無駄を省くことができる。
2.(   )保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険期間を変えず、元の契約と同じ種類の保険や養老保険に変更する。保険金額が減り、特約は消滅する。
3.(   )保険
これまでの解約返戻金をもとに、保険金額を変えず、一時払いの定期保険に変更する。保険期間は短くなり、特約は消滅する。
4.(   )制度
現在契約している保険を下取りし責任準備金や配当金をもとに新しい保険に買い替える制度である。
5.(   )制度
解約返戻金の一定の範囲内で、貸付を受ける制度である。


error: Content is protected !!