3級FP過去問解説(学科)2019年1月【41】債券の利回り

(41)

表面利率(クーポンレート)2%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり98円で購入し、2年後に額面100円当たり99円で売却した場合の所有期間利回り(単利)を算出する計算式は、( )である。なお、税金や手数料等は考慮しないものとする。



[正解]  (適切)

[解説]

債券の利回り計算では、複数の価格、複数の期間の中から適切な数値を選ばなければならない。分子に入れる「期間」は最終利回り、所有利回り、応募者利回りのいずれでも「所有していた期間」を入れる。また、どの利回り計算でも、分母(今回は購入価格)と分子の右肩(今回は購入価格)には同じ数値が入るため、「3」は誤りだとすぐ分かる。

所有期間利回り(%)
\begin{align*}
& =\frac{表面利率+\frac{売却価格-購入価格}{所有期間}}{購入価格}×100\\
& =\frac{2+\frac{98円-99円}{2年}}{99円}×100\\
& =2.55102・・・
\end{align*}


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...