3級FP過去問解説(学科)2019年1月【44】収益分配金

(44)

追加型株式投資信託を基準価額1万2,000円で1万口購入した後、最初の決算時に1万口当たり400円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万1,700円となった場合、その収益分配金のうち、普通分配金は( ① )であり、元本払戻金(特別分配金)は( ② )である。

  1. ① 100円 ② 300円
  2. ① 300円 ② 100円
  3. ① 400円 ② 300円


[正解]  (適切)

[解説]

追加型株式投資信託を基準価額1万2,000円で1万口購入した後、最初の決算時に1万口当たり400円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万1,700円となった場合、その収益分配金のうち、普通分配金は( ① 100円)であり、元本払戻金(特別分配金)は( ② 300円)である。
非課税である元本払戻金(特別分配金)は、支払った資金が戻ってきただけであることから内訳を考える。
基準価額1万2,000円が400円の分配後1万1,700円になっているため、分配前の基準価額が1万2,100円(1万1,700円+400円)だと分かる。購入時より100円増えているため、この部分が普通分配金となり、残りの300円は元本払戻金(特別分配金)となる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...