3級FP過去問解説(学科)2019年1月【47】退職所得

(47)

給与所得者が、22年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支払を受けた。この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、(   )となる。

  1. 800万円+70万円×(22年-20年)×1/2 =870万円
  2. 800万円+40万円×(22年-20年)=880万円
  3. 800万円+70万円×(22年-20年)=940万円


[正解]  (適切)

[解説]

退職控除額の計算なので1/2は不要である。この後、退職所得を求めるとき
(2,000万円-940万円)×1/2=530万円
となり、ここで1/2しなければならない。



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...