3級FP過去問解説(学科)2019年1月【52】借地借家法

(52)

借地借家法の規定によれば、建物の賃貸借契約(定期建物賃貸借契約を除く)において、( )未満の期間を賃貸借期間として定めた場合、期間の定めがない賃貸借とみなされる。

  1. 1年
  2. 1年6カ月
  3. 2年


[正解]  (適切)

[解説]

借地借家法の規定によれば、建物の賃貸借契約(定期建物賃貸借契約を除く)において、(1年)未満の期間を賃貸借期間として定めた場合、期間の定めがない賃貸借とみなされる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...