3級FP過去問解説(学科)2019年1月【57】相続時精算課税制度

(57)

相続時精算課税の適用を受けた場合、特定贈与者ごとに特別控除額として累計( ① )までの贈与には贈与税が課されず、それを超えた部分については一律( ② )の税率で贈与税が課される。

  1. ① 2,000万円 ② 10%
  2. ① 2,000万円 ② 20%
  3. ① 2,500万円 ② 20%


[正解]  (適切)

[解説]

相続時精算課税の適用を受けた場合、特定贈与者ごとに特別控除額として累計( ① 2,500万円)までの贈与には贈与税が課されず、それを超えた部分については一律( ② 20%)の税率で贈与税が課される。



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...