3級FP過去問解説(学科)2019年1月【58】死亡保険金の非課税限度額

(58)

相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額は、「( )×法定相続人の数」の算式により算出する。

  1. 500万円
  2. 600万円
  3. 1,000万円


[正解]  (適切)

[解説]

相続税の計算において、相続人が受け取った死亡保険金の非課税限度額は、「(500万円)×法定相続人の数」の算式により算出する。なお、法定相続人の数には放棄した者も放棄しなかったとして数える。


error: Content is protected !!