3級FP過去問解説(学科)2019年1月【60】小規模宅地等の特例

(60)

宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① )までを限度面積として、評価額の( ② )相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる。

  1. ① 200㎡ ② 50%
  2. ① 330㎡ ② 80%
  3. ① 400㎡ ② 80%


[正解]  (適切)

[解説]

宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① 330㎡)までを限度面積として、評価額の( ② 80%)相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる。



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...