3級FP過去問解説(学科)2019年5月【4】在職老齢年金

(4)

60歳以上65歳未満の厚生年金保険の被保険者に支給される老齢厚生年金は、その者の総報酬月額相当額と基本月額の合計額が28万円(2018年度の支給停止調整開始額)を超える場合、年金額の一部または全部が支給停止となる。



[正解]  (適切)

[解説]

60歳以上65歳未満、つまり60代前半の基準は「総報酬月額相当額と基本月額の合計額28万円」であり、28万円を越えると、年金額の一部または全部が支給停止となる。なお、60代後半は46万円が基準となる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...