3級FP過去問解説(学科)2019年5月【6】保険契約

(6)

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者は原則として保険契約を解除することができるが、この解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から1カ月間行使しないとき、または契約締結の時から5年を経過したときは消滅する。



[正解]  (適切)

[解説]

保険会社の契約解除権がいつまでも有効であると契約が不安定になり契約が成立しにくくなる。そのため解除権に時効があり、保険者が解除の原因があることを知った時から1カ月間行使しないとき、または契約締結の時から5年を経過したときは消滅する。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...