3級FP過去問解説(学科)2019年5月【8】経理処理

(8)

養老保険の福利厚生プランでは、契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を従業員全員、死亡保険金受取人を被保険者の遺族、満期保険金受取人を法人とすることにより、支払保険料の全額を福利厚生費として損金の額に算入することができる。



[正解] × (不適切)

[解説]

いわゆるハーフタックスプランについての問題である。契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を従業員全員、死亡保険金受取人を被保険者の遺族、満期保険金受取人を法人とすると、支払保険料の1/2を福利厚生費として損金算入できる。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...