3級FP過去問解説(学科)2020年1月【12】

(12)

一般に、日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、米ドルを円に換える動きが強まり、円安ドル高が進行する要因となる。



[正解] × (不適切)

[解説]

日本の金利が一定のときに米国の金利が低下すると、米ドルを円に換える動きが強まり、円の価値が上がる。つまり、円高ドル安が進行する。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!