3級FP過去問解説(学科)2020年1月【22】

(22)

アパートやマンションの所有者が、当該建物の賃貸を自ら業として行う場合には、宅地建物取引業の免許を取得する必要がある。



[正解] × (不適切)

[解説]

宅建業のうち、自分の所有する不動産で賃貸を行う場合には、宅地建物取引業には該当しない。そのため、宅建業の免許は不要となる。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!